2019年05月12日

リラ冷え

「リラ冷え」は、ライラックが咲く頃に一時的に寒さが戻ることを指す。
元はある小説家による造語だったようだが、しだいに一般に使われるようになり、今では俳句の季語にもなっている。
ここ三日ほど、東京なら冬ではないかと思うような気温で、少し暖房も入れていた。

青空に白い上弦の月(右上)

lilactree.jpg

ライラック祭りは15日からだ。
これも昔はもう少し遅い時期だったような気がするが、開花が年々早くなっているのに合わせて祭りの日程も早まっている。ライラック祭りの頃にはもう花が終わっているんじゃないか?と言われることも多々ある。
でもわが家のライラックは少し早咲きらしく、近所の木はまだ咲き始めのものが多かった。

咲き進むときれいな水色になる。

lilablue.jpg

ライラックの花は基本は4弁けれど、たまに5弁の花があり、いつからかこれをラッキーライラックと呼ぶようになった。
(画像中央)

luckylilac.jpg

四つ葉のクローバーのようなものだ。ラッキーライラックのほうが見つかる頻度は高く、探せば1本の木の中に幾つかは必ず見つかる。カップルで見つけると幸せになると言われている。
  
posted by Sachiko at 22:10 | Comment(2) | 季節・行事