2019年05月07日

地球の進化

ウルスラ・ブルクハルト「Karlik−Encounters with Elemental Beings」から。

ウルスラはカルリクと知り合ってから、地球がなぜこのように堅固なものになったのかを聞きだしたいと思っていた。
なぜ、彼女の意識が身体から解き放たれたときに体験したように、光輝き、生命に浸透されて躍動するものではありえなかったのか。

彼女はカルリクに、地球は何か違ったふうになることはできなかったのか尋ねた。「できなかった」と、答えが返ってきた。
-------------

「あるとき母が私にジャム作りを手伝ってくれるよう頼みました。私はストーブのそばに立ってかき混ぜました。カルリクは鍋の取っ手の上に陣取っていました。

ジャムが冷めて固まってくると、彼は踊りながら叫び始めました。『こういうことだ!こういうことなんだよ!』
『どうしたの?』と私は尋ねました。
『地球もそういうことなんだ!』楽しいことを思いだしたように、彼は叫びました。『ちょうどこういうことだって、君はわかっただろう。』」

-------------
ウルスラはカルリクが喜んでいることが嬉しかったが、彼が何を伝えたいのかはしばらくの間理解できなかった。

その後彼女は科学的思考で書かれた人智学の本で、カルリクが地球の進化について比喩的に示そうとした内容を発見した。
思考と比喩とが互いに補い合って、真に生きた知識に導くのは美しいことだった。
-------------

「この発見のきっかけは、台所での実際的な作業でした。私たちはみな学ぶためにここにいるのだと、今私は理解しました。」

-------------

地球がまだ柔らかかった頃のことについて述べられているものは、私も読んだことがある。
その頃地球は宇宙の影響下にあり、地球全体が一種の植物のようだったという。

今日、植物が死滅すると鉱物になる(石炭など)ように、かつて植物だった地球が鉱物になったのだ。(「自然と人間の生活」R・シュタイナー)

ジャムが冷えて固まるようすは、過去の地球の比喩になった。
「野菜のお祭り」の話のように、台所での日常的な仕事も宇宙的な物事の思考に繋がっていった。
鍋の取っ手はカルリクのお気に入りの場所らしい。それも素敵なことだ。
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト