2019年04月25日

〈グレート・ノーム〉

ウルスラ・ブルクハルト「Karlik−Encounters with Elemental Beings」から。

カルリクは、過剰に知的な人々が来ると退いてしまう。そして去り際に親指で鼻に触れるのだが、もちろん知的な来訪者たちは気づかない。それはこういう意味なのだ。
「気にするな、彼はいつも自分が正しいと思っているが、彼のすべてがいつも正しいわけではない」

やがて戻って来たカルリクは、〈グレート・ノーム〉について話をした。〈グレート・ノーム〉はカルリクの友であり、カルリクのように元素霊たちのリーダーだ。
〈グレート・ノーム〉がこう言っていたと、カルリクはいたずらっぽく笑った。

「講釈したがる連中は、結局疲れてやめなくちゃならない。聞いているみんなが飽きるのと同じようにね」

カルリクは“賢い”人々の前でこの〈グレート・ノーム〉の言葉を繰り返し、愚か者をからかう。

ウルスラもある時、努力して“賢い”人になろうとしたことがあるが、いっしょにいたカルリクは激怒した。

心理学の本を読んでいた彼女がカルリクに「この著者はあなたを元型として分類するでしょう」と言ったとき、カルリクはそれを冷たく形骸化した考えと感じ、彼らの住む領域への無意識の疑いのようなものを見つけたのだ。

もう一度そんなことを言ったら去っていくと脅したカルリクの怒りは彼女を震え上がらせた。

「自分はイメージではなく、実在だ。あなたはその本を真剣に考えるのでなく、内容を理解するだけでいい」と彼は言った。彼にとって「真剣に考える」とは、現実として捉えることを意味した。

彼女も、他の人々を自分なりに作ったイメージとして見ることがあり、その場合彼らの真の姿を見抜くことはめったにない、と言った。それから彼らはまた仲直りしたのだ。

カルリクは、彼女が本を読みながら形づくった思考を受けとることで、間接的に本を読む。彼は本のことを「思考の箱」と呼んだ。もちろん内容の薄い本は問題外だ。


賢いノームたちにとっては、人間の知性など愚か者のレベルでしかないのかもしれなかった。
元素霊たちがそれほど賢いのなら、なぜ地球を治めることを任されたのが彼らではなく人間だったのか。

やはり人間には、今は忘れてしまっているとしても、この世界のために人間でなければ為すことのできない任務があるのだろう。

カルリクが彼女の思考を通して間接的に本を読む話は興味深い。
肉体を離れた魂に、霊的な内容の本を読んであげるという供養の仕方がある。声に出す必要はないけれど、その人が目の前にいるつもりで読んであげると、相手の魂は喜び感謝するのだという。

地上に生きている人間は、そのように肉体を持たない存在たちに働きかけることができる。離れて見えるのは肉体だけで、魂の奥は遠くまでつながっているということを思い起こさせてくれる。
  
posted by Sachiko at 22:08 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト