2019年04月20日

光へ

ウルスラ・ブルクハルト「Karlik−Encounters with Elemental Beings」から。

人間の行為が元素霊たちの仕事とつながれるように、人間たちが協調できさえすれば....カルリクはそう言う。
「だが彼らの行うことは、まだ他の領域と調和しない。不調和なままだ。」

カルリクは真剣に、このように語る。
「もちろん、あなた方が賢明に扱うなら、地球はもう少し長く生きられるだろう。あなた方が不調和な状態を変えるまで持ちこたえることだろう。」
元素霊たちとともに、そのことを学ぶ美しい場所が用意されている。
---------------

「彼がどれほど真剣か、これから時代がどう歩みを進めていくのかに思い至ると、私は悲しくなります。すると彼は頭を摺り寄せて、光の手で私を撫でます。ノームたちは、愛情を表したいときにそうするのです。

そして彼は言いました。
「光を見ろ、繰り返しいつも光を見るんだ。それが、我々が影を変容させる唯一の方法だ。」

それから私たち二人は光に目を向け、心から楽しく祝って仕事に取組みます。地球はひとつの偉大な祭壇のような存在なのです。」

---------------

〈祭り〉の章はこのように終わる。
いつも光を見るというのは、影を排除するとか、見ないようにするということではないだろうと思う。変容させるために、見る。

批判や分析や判断なしに、純粋にただ「見る」。純粋に見るという行為そのものが、光を当てることに似ている。
「目が光に似たものでないなら、目は見ることができない」というようなことを言ったのはゲーテだったかシュタイナーだったか...

地球は、祭壇。この認識は厳かな気分を呼び起こす。
人間が自然霊たちと共働するときを、彼らは待っている。季節の祭りはそのための美しい場所なのだ。
  
posted by Sachiko at 22:04 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト